So-net無料ブログ作成

韓ドラ・コーヒーハウス 第10話 あらすじ&感想 [コーヒーハウス 第6話~第10話]

スポンサーリンク
韓国ドラマをもっと楽しみたいあなたへ
~4時間55分の音声でハングル脳がみるみる目覚める!!【超らく韓国語マスター術】




韓国ドラマ「コーヒーハウス」第10話、あらすじと感想です。


倒れてしまったジンス。スンヨンは心配してバタバタします。
ジンスは、スンヨンにメモを渡し、
かかりつけの病院へ行って、薬をもらってくるよう依頼します。

スンヨンが戻ると、ジンスは手際よく
自分で注射や点滴を打ちます。
ジンスは、実は医学部出身なのでした。

ジンスが病気とは知らないウニョンは
話があると言って、ジンスのオフィスにやってきます。
病気と悟られたくないジンスは。
玄関に立ち、ドアで点滴を隠しながら
ウニョンに会いました。

ウニョンに心配をかけたくないジンスは
玄関先でいつものように振舞って、ウニョンを追い返しました。
このとき、ウニョンはらにジンスに不信感を募らせました。

翌日、ウニョンの指示で社員がジンスのオフィスに
書類を持ってきました。
それは、ジンスの契約解除通知でした。
ジンスは、慌ててウニョンに確認しますが
ウニョンには、1週間以内に同意かどうか判断してほしい
と言われてしまいます。

このことは、秘書のスンヨンの耳にも入ってきました。
悩んだ挙句、スンヨンはジンスが
ウニョンがいなくなった時に心配で眠れなくなり
睡眠薬を大量に飲んでいたこと。
また、先日は病気で点滴をするほど
体調が悪かったので、玄関先で応対したことなどを
ウニョンに明かしてしまいます。

それを聞いたウニョンは、契約解除通知を取り下げようとします。
しかし、これがいけませんでした。
ウニョンの急な態度の変化と
秘書・スンヨンの得意げな顔でジンスは全てを理解しました。

そして、ジンスはスンヨンに解雇を通告し
ウニョンには、解約解除通知に同意してしまいます。

第10話は、ここまで。

ジンスは、ウニョンと今まで通りの関係を続けたかったのです。
それは、決してウニョンのジンスに対する
同情からくる関係ではありませんでした。

それに気付かず、ウニョンに全てを話してしまった
スンヨン。ジンスは、完全に怒ってしまいました。

ジンスの“中身”がどんどん明かされてきていますね。
次回は、いったいどうなるのでしょうか。




スポンサーリンク
韓国ドラマをもっと楽しみたいあなたへ
~4時間55分の音声でハングル脳がみるみる目覚める!!【超らく韓国語マスター術】



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
内臓脂肪

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。