So-net無料ブログ作成

韓ドラ・コーヒーハウス 第17話 あらすじ&感想 [コーヒーハウス 第16話~最終話]

スポンサーリンク
韓国ドラマをもっと楽しみたいあなたへ
~4時間55分の音声でハングル脳がみるみる目覚める!!【超らく韓国語マスター術】




韓国ドラマ「コーヒーハウス」第17話、あらすじと感想です。

「守りたいものがある」
そう言って、ソウルに留まったジンスは
スンヨンとの約束通り、ラジオ番組に1ヶ月間
レギュラー出演することになりました。

スンヨンは、大喜び。
ジンスはそんなスンヨンを見て
どこか嬉しそうです。

番組を終えたジンスは、ウニョンに会いに
出版社へ向かいますが
ウニョンは結婚の準備で帰った後でした。

ウニョンの自宅に現れたジンス。
ジンスはウニョンに
「オレが守りたいものは、君の幸せだ」
と言います。

「友人であれ、仕事のパートナーであれ・・・・
たとえ先輩の妻だとしても、君の幸せを守りたい」

「・・・結婚すれば幸せになれるのか?」
とウニョンに問いただすジンス。

「そんなの分からないわ」
ウニョンが答えます。

「確信が持てないならやめた方がいい」
「オレは経験者だから・・・」
というジンスに、ウニョンは困惑します。

ウニョンの家を出て、ジンスが車に乗り込むと
ウニョンから電話が
「あなたの言うことは分かるけど・・・」

ジンスは、
「強要はしない。ただ、止めたいと思った時はすぐに連絡してくれ」
「たとえ、式当日の朝でも何とかするから・・・」
と言って、電話を切りました。



数日後、ウニョンの出版社の社員がジンスを見かけました。
ジンスは、評判の悪い出版社の社長を契約の話をしているようでした。
この社長は、悪どい契約を結ぶことで有名な社長です。

ウニョンの出版社の社員達は、
ジンスがなぜその社長と契約したがっているのか
不思議に思いました。

数日後、ジンスは社員達にウニョンが体調を崩して
寝込んでいることを聞きつけます。
ウニョンの自宅を訪れるジンス。

医学部卒業のジンスは、ウニョンを診断し
適切な処置をします。
気が付いたウニョンは、ジンスに
「あなたが悩ませるから、こうなったのよ」
といいます。

ジンスは、冗談まじりで
「頑固者の君のことだから、今さら結婚を止めることはできないだろう」
「だから、オレが君を結婚式の会場から奪って逃げてっやろうか?」
といいます。

ウニョンは、
「あなたにそんなことは似合わない」
「そっと現れて、いつの間にか消えている」
「あなたには、それが似合ってる」
というと、手で顔を覆いながら

「もう限界なの・・・、これ以上苦しめないで・・・」
とつぶやきます。


数日後、ウニョンは結婚式前日となり
会社を早退します。
街を歩いていると、偶然ジンスに遭遇します。

ジンスを避けるように、隠れるウニョン。
そのまま歩き続けたウニョンでしたが
突然雨が降り出し、あわてて電話ボックスに駆け込みました。

その時、以前ウニョンがジンスに雨の電話ボックスで
キスをしたことを思い出しました。
もう、ジンスに対する気持ちを抑えられなくなっている
ウニョンですが、今さら結婚を止めることなど出来ません。
泣き崩れるウニョンでした。

いよいよ、結婚当日。
ジンスのことが気になって、何を聞かれても
上の空のウニョン。
式場では、不安を感じながらも
自分に言い聞かせるように、ガッツポーズをしながら
花嫁を待つジウォン。

そして、花嫁の入場が始まりました。
一歩ずつ進んでいくウニョン。

その時、会場の外にはジンスの姿が・・・。
ジンスは、会場の扉に背を向けると
数歩扉から離れます。

そして、いつもの笑顔を見せたかと思うと
振り返って、奇声を上げながら扉を蹴り開けました。

振り返るウニョン・・・。

第17話は、ここまです。
スンヨンの飾らない素直な言葉に
ようやく自分の気持ちに従うことを決めたジンス。
果たして、会場に乱入したジンスは
どんな行動を見せてくれるのでしょうか。
次回は、最終話です。



スポンサーリンク
韓国ドラマをもっと楽しみたいあなたへ
~4時間55分の音声でハングル脳がみるみる目覚める!!【超らく韓国語マスター術】



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
内臓脂肪

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。