So-net無料ブログ作成
検索選択
コーヒーハウス 第6話~第10話 ブログトップ

韓ドラ・コーヒーハウス 第10話 あらすじ&感想 [コーヒーハウス 第6話~第10話]

韓国ドラマコーヒーハウス」第10話、あらすじと感想です。


倒れてしまったジンス。スンヨンは心配してバタバタします。
ジンスは、スンヨンにメモを渡し、
かかりつけの病院へ行って、薬をもらってくるよう依頼します。

スンヨンが戻ると、ジンスは手際よく
自分で注射や点滴を打ちます。
ジンスは、実は医学部出身なのでした。

ジンスが病気とは知らないウニョンは
話があると言って、ジンスのオフィスにやってきます。
病気と悟られたくないジンスは。
玄関に立ち、ドアで点滴を隠しながら
ウニョンに会いました。

ウニョンに心配をかけたくないジンスは
玄関先でいつものように振舞って、ウニョンを追い返しました。
このとき、ウニョンはらにジンスに不信感を募らせました。

翌日、ウニョンの指示で社員がジンスのオフィスに
書類を持ってきました。
それは、ジンスの契約解除通知でした。
ジンスは、慌ててウニョンに確認しますが
ウニョンには、1週間以内に同意かどうか判断してほしい
と言われてしまいます。

このことは、秘書のスンヨンの耳にも入ってきました。
悩んだ挙句、スンヨンはジンスが
ウニョンがいなくなった時に心配で眠れなくなり
睡眠薬を大量に飲んでいたこと。
また、先日は病気で点滴をするほど
体調が悪かったので、玄関先で応対したことなどを
ウニョンに明かしてしまいます。

それを聞いたウニョンは、契約解除通知を取り下げようとします。
しかし、これがいけませんでした。
ウニョンの急な態度の変化と
秘書・スンヨンの得意げな顔でジンスは全てを理解しました。

そして、ジンスはスンヨンに解雇を通告し
ウニョンには、解約解除通知に同意してしまいます。

第10話は、ここまで。

ジンスは、ウニョンと今まで通りの関係を続けたかったのです。
それは、決してウニョンのジンスに対する
同情からくる関係ではありませんでした。

それに気付かず、ウニョンに全てを話してしまった
スンヨン。ジンスは、完全に怒ってしまいました。

ジンスの“中身”がどんどん明かされてきていますね。
次回は、いったいどうなるのでしょうか。


韓ドラ・コーヒーハウス 第9話 あらすじ&感想 [コーヒーハウス 第6話~第10話]

韓国ドラマコーヒーハウス」第9話、あらすじと感想です。


雨が降る夜、電話ボックスで突然
ジンスにキスをしたウニョンは、
無言でその場を走り去ります。

あまりの突然の出来事にジンスは
雨に打たれながら、呆然と歩いていました。
そこへスンヨンが傘を持って現れますが
ジンスは、傘を受け取らずに濡れて帰りました。


ウニョンが会社に戻ると、大きな契約が成立したことと
ジンスの誕生日を祝うパーティーの準備が出来ていました。
何事もなかったかのように、パーティーに参加する
ウニョンでしたが、ジンスが無理やり連れてこられると
気まずい2人は、パーティーを抜け出します。

そして、ジンスがウニョンに詰め寄ります。
「オレとの関係は?」
「社長?友達?」
「好き?嫌い?」

ウニョンは、
「社長でもあり、友達でもある」
「憎くて仕方がないけど、好き」
と答えました。

ジンスは、
「オレにとって、君は友達以上にはなれない」
と、今まで通りの関係以外ありえないと
キッパリウニョンの気持ちを断ります。

ウニョンは、無言で立ち去ります。

数日後、ジンスが出勤すると
社員からウニョンが数日間、無断で会社を休んでいると
聞かされます。

心配するジンス。

一方、ウニョンが行方不明になっていることを知った
ジウォンからジンスに電話してきました。
「お前と関わる女は、どうしてみんなこうなるんだ!」

この言葉で、ジンスは離婚した妻が
事故で亡くなった時と、今回のウニョンが
ダブッてしまい、精神的に追い詰められてしまいます。

ジンスのやつれた様子を心配するスンヨン。
その時、スンヨンの携帯に連絡があります。
「社長(ウニョン)は、出勤してきましたので先生(ジンス)に
心配いらないと伝えてください」

それを聞いたジンスは、ウニョンの様子を確かめに
慌てて、走っていきます。
ジンスが、オフィスに着くと
ウニョンは、何食わぬ様子で出勤していました。

それを見たジンスは、自分の仕事場に戻ると
スンヨンの前で、バタリと倒れてしまいました。
ジンスに何が起きたのか・・・。

第9話は、ここまでです。
ずっとジンスに対する気持ちを抑えてきた
ウニョンでしたが、ついに想いを伝えました。
ジンスは、受け入れませんでした。

ジンスは、元・妻の死から意図的に人を
寄せ付けないようにしている節が感じられます。
自分と親密になった人は、不幸になる
と思い込んでいるように感じますね。

コミカル主体だった今までとは違う展開になってきましたね。


韓ドラ・コーヒーハウス 第8話 あらすじ&感想 [コーヒーハウス 第6話~第10話]

韓国ドラマコーヒーハウス」第8話、あらすじと感想です。

酔い潰れて眠ってしまったウニョンに付き添うように
そばにいたジンス。
明け方、ウニョンがぼんやりと目を開けると
窓の傍のソファーに座っている、ジンスに気がつきました。
「まだ明け方だ、寝てろ」
そうウニョンにジンスが言います。
その時のジンスは、いつものヘラヘラした感じとは
別人のように、静かに落ち着いていました。

次にウニョンが目覚めると、
辺りはすっかり明るくなっていて
いつものように、さわやかに冗談を言うジンスに戻っていました。

2人で朝食を摂りながら、ジンスが切り出します。
今、執筆中の作品が完成したら旅に出る、と。
この2年間、がんばって働いたから
2年間休養するというのです。

ジンスも会社に戻ることになり
ジンスの休養宣言にショックを受けながらも
ウニョンは、それを承諾します。

会社に戻ったジンスに、スンヨンは何故か
男性として意識しすぎてしまい
仕事にならなくなってしまいます。

数日後、その日はジンスの誕生日
“変人”のジンスは、誕生日を祝ってもらうのが
煩わしいため、スンヨンに本当の誕生日は別の日だと
ウソをついていました。

それを知ったスンヨンは、ジンスが嫌がるのを承知で
パティーの準備をします。
スンヨンがパーティーの押しかけてくることを
察知したジンスは、会社を抜け出します。

会社を抜け出したジンスは、突然の雨に
ひとまず電話ボックスで雨宿りをします。
そこにウニョンが通りかかり、ジンスに傘を差し出します。

ウニョンの傘に入ろうとするジンス。
その時、ウニョンが突然ジンスを電話ボックスに押し戻し
キスをしました。

その頃、雨に気付いたスンヨンが
ジンスに傘を届けに会社を出て行きます。

第8話はここまで。
ウニョンの気持ちに気付いたジンスは
彼女と距離を置くために、休養宣言したのでしょう。
でも、ウニョンにしてみれば
ジンスにそう言われて、余計に想いが募ってしまったようです。

ラストシーン
傘を届けようとジンスを捜すスンヨンが
キスシーンを目撃してしまうんじゃないかと
ハラハラしましたが、その前に
「つづく」となってしまいました。

次回へお預けです。


韓ドラ・コーヒーハウス 第7話 あらすじ&感想 [コーヒーハウス 第6話~第10話]

韓国ドラマ「コーヒーハウス」第7話、あらすじと感想です。


前回、スンヨンの見事な働きでテレビ収録の
現場から脱出に成功したジンス。

「せっかくだからこのまま、どこかへ出かけよう」
とジンスに言われたスンヨンは、困惑してしまいます。
憧れの存在とはいえ、2人きりで出かけることには
少し抵抗がありました。

スンヨンの様子をみて、察したジンスは
スンヨンを自宅に送り届けます。
連絡する。とだけ言って1人タクシーで
去っていくジンスのことが心配なスンヨン。

結局、一緒にタクシーに乗り込み
ジンスについていくことになりました。

ジンスとしては、遠くに身を隠したかったのですが
秘書のスンヨンのために、ごく近くのホテル
滞在することとなります。
ジンスは、ホテルに着くとすぐに執筆に取り掛かりました。


スンヨンは、ジンスに叱られることを覚悟で
ウニョンにジンスと一緒で、ジンスは無事だと
連絡します。

そこへジンスがスンヨンの携帯を取り上げ
ウニョンと直接話し出しました。
激しく口論するジンスとウニョン。
特に、ウニョンは今回の件でかなり参っている様子で
後半は、ウニョンが一方的に罵声を浴びせてしまいます。

電話の後、ウニョンはボロボロと泣き出してしまいます。
相変わらす歩み寄ろうとしないジンスと
ジンスを酷い言葉で責めた自分に
嫌気が差して溢れた涙でした。

結局、スンヨンから居場所をきいたウニョンが
ホテルをやってきます。
その時ジンスは、オフィスに荷物を取りに帰っていました。
ホテルに戻ろうとするジンスでしたが
たまたま、その時ウニョンがジンスに
想いを寄せていることに気付いてしまいます。


ホテルに戻ると、ウニョンがワインを飲んで
酔って寝てしまっていました。
眠っているウニョンの傍で、一晩中考え事をしていました。
朝になり、ウニョンが目を覚ます
とジンスが傍で座っていました・・・。

第7話は、ここまでです。
ジンスに想いを寄せながら、
作家と出版社社長というビジネスでしか
繋がっていられないウニョンの切ない感情が
描かれていましたね。

一方、スンヨンにもカフェのマネージャー・ドンウクが
アタックし始めました。
どんどん、面白くなってきました。

韓ドラ・コーヒーハウス 第6話 あらすじ&感想 [コーヒーハウス 第6話~第10話]

韓国ドラマコーヒーハウス」第6話、あらすじと感想です。


ジンスは、変わり者の自分の命令を
誠実にこなそうとするスンヨンを
徐々に信頼し始めます。

ウニョンが済州島のホテルの浴室で転び
入院しているため、ジンスとスンヨンは
ジンスの取材を兼ねて済州島でハネをのばします。

そこにも、何故かジウォンが現れ
ウニョンとジンスにしつこく付きまといますが
またまた、ジウォンは、ジンスにコケにされてしまいます。

翌日、ジンスがウニョンを見舞おうとすると
ウニョンの秘書から、ウニョンは先に
オフィスへ戻ったと言われます。

ジンスとスンヨンも、ウニョンの秘書達と
オフィスに戻ってみると・・・
なんと、ジンスのオフィスには
テレビのスタッフが大勢詰めかけていました。

実は、ウニョンのケガは治っていて
今回のテレビ出演の準備を、ジンスに知られないように
入院を長引かせ、時間を稼いでいたのでした。

騙されたことに気付いたジンスは
有名作家として、表面上は取り繕っていましたが
ウニョンと2人になると、怒りをあらわにしました。

ウニョンは、謝りますジンスは収まりません。
そこへテレビ番組のスタッフがきて
2人の口論は、中断。
そして、ジンスは秘書のスンヨンに
暗号とアイコンタクトを送ります。

スンヨンは、誰にも気付かれないように
準備を進めます。
そこへ、番組収録のためにウニョンとジンスが
入ってきます。

部屋を見回して、スンヨンの準備を確信したジンス。
スンヨンの用意した抜け道を使って
見事脱出に成功。

スタッフに追いかけられながら
外に飛び出したジンスは、スンヨンが準備していた
タクシーに飛び乗りました。

タクシーの中で、ジンスが必要なものを
全て持ち出してきていたスンヨンにジンスは感謝します。

第6話はここまでです。

今回で、ウニョンがジンスを想ってることが
ハッキリしました。
しかも、ジンスが結婚する前から
ウニョンはジンスのことを想っていた感じです。

回想シーンが多くなり、
ジンスとウニョン、ジウォンの関係も
徐々に明かされてきましたね。


コーヒーハウス 第6話~第10話 ブログトップ
内臓脂肪

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。